うつ病の改善には投薬治療が大切|治療の流れを解説

レディ
  1. ホーム
  2. 担当の医師に話してみよう

担当の医師に話してみよう

服用

服薬後の変化を相談する

うつ病のお薬は、飲み続けることでだんだんと効果を現して来るお薬です。例えば、市販されている頭痛薬のようにすぐに効果がわかれば嬉しいのですが、うつ病のお薬はしばらく続けることで徐々に変化が現れて来るタイプなので、信じて続けることが大切ですね。反対に、お薬の飲みはじめにすぐに現れやすい症状は、吐き気や胃のむかつきなどであることが多いです。こうした作用は、お薬が身体になじむまでの最初の期間に起こりやすいのですが、徐々に落ちついて来るので心配はありません。個人差もありますし、成分量にもよりますが、平均的に2週間以内には収まるのが一般的です。吐き気がするのは、脳内で胃腸をコントロールする部分に成分が届いている証拠とも言えます。胃腸が不調なわけではないのが一般的ですが、こうした症状に不安を感じる場合には、受診時に担当の医師に話してみましょう。担当の医師には、うつ病の症状に関することだけでなく、なんでも相談するのが良いことです。うつ病の通院はそのための時間を得るためでもありますので、受診時には気になることはなんでも話して大丈夫。特にお薬は毎日飲みつづけるものですから、心配ごとについては相談して、どうするのが一番良いかを考えてもらいましょう。また、起こりやすい症状については家族も一緒に付き添って、詳しい説明を聞いておくのも良いことですね。もう一つ、受診時に相談したほうが良いのは、飲みはじめに普段以上に元気になる時です。元気なのだから良いのではと考えてしまいがちですが、夜も睡眠を取らなくても平気なくらい活動的になり、かえって体力が心配になるケースもあります。このように、飲みはじめには様々な体調の変化、気分の変化などが起こりやすいので、出来るだけ様子を見て、受診時には余すところなく担当医師に伝えられると治療のプラスになります。うつ病には、こころの休息=脳の休息が必要とされますが、それを支えるためにはお薬が必要となります。症状が重い時期はつらいですが、お薬の服用と休息でゆっくりと治療に取り組んで行きましょう。治療が進むと、だんだん症状が和らいで来て安定します。この時期になれば、受診時に医師と一緒に自分がどのような状態であったのかを整理出来るようになりますので、それまでは無理をせずに治療を続けましょう。うつ病の治療の場合、最終的に病気になる前の生活を取り戻すことが目標となりますので、症状が抑えられるのがゴールではなく、その先にあるということを忘れないようにしましょう。